アイキララでは目の下のたるみは改善できないですよ。

アイキララの口コでは目の下のたるみが改善されなかったという声がありますが、これってすごく疑問符がつきます。

 

というのも、そもそもアイキララは目の下のたるみを改善するためのジェルではないからです。

 

アイキララは公式サイトでも書かれている通り、目の下のクマを改善するためのものであって、たるみを改善するためのものではないですからね。

 

アイキララに含まれているビタミンC誘導体の一種であるMGAは確かに肌のコラーゲンの生成を作り出してくれるのを促してはくれますが、特に年齢からくるたるみ大してどれ程の効果が期待できるかといえば、それは思った程の効果を感じることができない、と言う人がほとんどだと思います。

 

アイキララが果たせるスキンケア上の役割としては、目の下の皮膚やせが原因で、クマができてしまっている場合であって、それはあくまでもクマ対策であってたるみ対策ではありません。

 

たるみがでてくる原因は、肌の奥深くにある真皮層のコラーゲンが減少することで、でてきてしまいますが、たるみを改善するためには、そのコラーゲンを増やしてあげる対策が必要になってきます。

 

美容皮膚科ではヒアルロン酸注射がありますが、これは、肌のハリを担っているのはコラーゲンの他にエラスチン、そしてヒアルロン酸があって、そのヒアルロン酸を増やすための施術です。

 

もし、目の下のたるみ対策を本格的にしたい場合は基本的には、費用は高くなってしまいますが、ヒアルロン酸注射がおすすめですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です