アイキララを使って2週間でクマは消える?

アイキララの公式通販サイトでは、使用し始めてから2週間で目の下のクマが薄くなってきて、若くなれた、という体験者の声があります。

アイキララにはビタミンC誘導体の一種が入っていて、それが目の下の皮膚の内側にあるコラーゲンを生成を促進することで、目の下に以前よりもハリをもたらす事ができるようになった、と言う話ですが、実際の口コミサイトの投稿を見ていると、そうはうまくいかない現実があるみたいですね。

アイキララの公式通販サイトでは、販売側の主張であるために多少は割り引いて見る必要があると思いますが、それを考えても、目の下のクマを消すのはそう簡単な事ではありません。

特に、年齢的に30代以上ともなれば、肌の新陳代謝は低下していきます。となると、ビタミンC誘導体の一種でケアしたとしても、コラーゲンの生成を促進するのにもある程度の時間は必要になってきます。

 

一般的な30代以上の年齢の人の場合は、2ヶ月から3ヶ月ぐらいのスパンは見ておいた方が良いのでは?というのが個人的な感想ですね。だから、2週間で目の下のクマが消えるっていうのは現実的には無理があるかな?と。

 

アイキララでは目の下のたるみは改善できないですよ。

アイキララの口コでは目の下のたるみが改善されなかったという声がありますが、これってすごく疑問符がつきます。

 

というのも、そもそもアイキララは目の下のたるみを改善するためのジェルではないからです。

 

アイキララは公式サイトでも書かれている通り、目の下のクマを改善するためのものであって、たるみを改善するためのものではないですからね。

 

アイキララに含まれているビタミンC誘導体の一種であるMGAは確かに肌のコラーゲンの生成を作り出してくれるのを促してはくれますが、特に年齢からくるたるみ大してどれ程の効果が期待できるかといえば、それは思った程の効果を感じることができない、と言う人がほとんどだと思います。

 

アイキララが果たせるスキンケア上の役割としては、目の下の皮膚やせが原因で、クマができてしまっている場合であって、それはあくまでもクマ対策であってたるみ対策ではありません。

 

たるみがでてくる原因は、肌の奥深くにある真皮層のコラーゲンが減少することで、でてきてしまいますが、たるみを改善するためには、そのコラーゲンを増やしてあげる対策が必要になってきます。

 

美容皮膚科ではヒアルロン酸注射がありますが、これは、肌のハリを担っているのはコラーゲンの他にエラスチン、そしてヒアルロン酸があって、そのヒアルロン酸を増やすための施術です。

 

もし、目の下のたるみ対策を本格的にしたい場合は基本的には、費用は高くなってしまいますが、ヒアルロン酸注射がおすすめですね。